新年で是非やって欲しいこと

投稿日:
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

新年、あけましておめでとうございます。
帰省ラッシュを過ぎ、明日から仕事はじめという方が多いのではないでしょうか。
私は今年は帰省をせず、東京で過ごしました。年末年始は電車が空いていて快適でした。
東京で過ごす正月も悪くないと思いました。
また、元旦から開いているお店も沢山あり福袋も好調なようです。

仕事が始まると、いつものモードに戻ってしまいますよね。
その前にやるべきことがあります。もう今年の目標は立てましたか?
そうです。目標を立てる事です。
目標を立てる事はとても重要です。仕事にしてもプライベートにしても目標がなければそもそも振り返りも進捗確認も出来ません。
私も毎年目標を立てていますが、目標の立て方や管理の仕方について私もやっているオススメな方法をご紹介します。

スポンサーリンク




まずは目標の立て方についてです。
今年中にやる目標を100個作ります。目標の100のリストです。
いきなりですが、この目標は100個すべて達成する必要はありません。
100個作る行為そのものが重要なのです。100個も目標を作ることは大変な作業です。
これを作るためには自分が今後どうなっていきたいか、を意識しないと作れません。リストを作ることで将来の自分の姿を意識しましょう。
目標もカテゴリ分けをするのが良いと思います。私の場合は、生活、仕事、自己啓発、健康、資産計画の5つのカテゴリに分けて作成しています。1カテゴリについて20個という計算です。
また、目標を立てる時は手書きで書くのがオススメです。手で書くと脳が刺激されて発想が生まれやすいそうです。
私はさらに向こう5年間の大まかな計画を立てます。5年後に自分がどうなって行きたいかを考えて、その中で今年1年間何をするか、という発想と合わせて考えて行きます。
この5年間の目標は毎年見直しをして変更していきます。各年の目標の達成度合や方向性が変わることは良くあることです。
ですから、毎年見直しをして修正することが重要です。企業の経営計画と同じように考えます。
これは、ローリングプランという経営計画の立て方を使っています。

次は目標の管理の仕方についてです。
最初にすることは立てた目標を紙にして(手書きでもワープロ入力のものでもどちらでもOKです)よく見える所に貼っておきます。
目標とは立てて終わりにしないようにすることが大切です。例えば、テレビの横や自分の机の前、トイレの壁、ドアに貼るなど、自分が生活していて自然と目に入る所に貼り付けておきます。
ここでのポイントは自分の主要な目標に関連する画像を一緒に付けて貼るという事です。
例えば、今年は家を買うという目標を立てた方は自分の理想とする家の画像を付ける、今年は結婚するという目標を立てた方は結婚式の様子の画像を付けておくなどです。
これは目標をビジョンとして視覚化することでより具体的なイメージが浮かび、目標達成を願い、行動を促進します。
また、目につく所に貼り付けることで自分の目標の達成度合いや自分自身のなりたい姿を意識できます。

今年の年末での目標達成の振り返りで100個の目標の内、4割達成できていれば上出来です。
この方法で目標立案、進捗管理をすれば自分の人生をコントロール出来るはずです。

時間は有限であり、重要なリソースです。是非、自分のなりたい姿になって人生を豊かにしてください。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です